FC2ブログ

標本

締切間近書類を一つ仕上げる。学会のニューズレターもとりあえず完成させ、印刷業者に送る。

嬉しいような、嬉しくないような連絡が届く。確実に言えることは、提出書類が増えた。

先日書いたように、長崎のタテジマだと思う個体に、とても厄介な形態を発見してしまったので、すぐにでも解剖して、DNAを調べたところ。

しかし、私が専門にしているBurmoniscusとコシビロは、1個体ずつ瓶に入れ、通し番号を付って管理しており、コシビロについては、現在、卒論で扱った西表島の標本を整理中なので、すぐには長崎の標本に番号を付ることができない。とりあえず、標本番号990まで解剖が終わったが、学生の話しによると最終的には1500ぐらいになるとか。

標本
こんな感じで管理している。veはコシビロの意味で、この標本の後ろにBurmoniscusの標本瓶が2000本以上ある。

長崎の解剖が始められるのは来週以降になりそう。

ちなみに、西表島のサンプルはコシビロだけではない。素晴らしい標本コレクションだと思うので、できるだけ早く種レベルで解析して、論文にしたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード